食事でできる美白対策

美白の方法を紹介

食事でできる美白対策

without comments

紫外線が強くなる時期に気になる、気を付けたいのが美白対策。
もちろん日焼け止めクリームやエステ通い、美白クリームなんかもありますけど、
継続的にそのケアを続けるのは難しいですよね。

そんな時に注目したいのが食事でできる美肌対策。
毎日の食事に少し気を使うだけで身体の中から
美白ケアをすることができる簡単な方法です。

・美白を守ってくれる二種類の成分

食事の中で美白を守ってくれる成分は多くあるのですが、
それらは大きく二つに分けられます。

一つ目は「抗酸化作用のある成分」で、二つ目は「肌の代謝を高める成分」。
抗酸化作用のある成分は肌が黒くなってしまうのを未然に防いでくれる成分で、
肌の代謝が高められると、紫外線を浴びてしまった肌を回復させることができます。

そしてこの二つのカテゴリに当てはまる成分を
常にバランスよくとるのが理想的とされています。

・美白ケアに役立つ5大成分

美白ケアに役立つ成分は多くあるのですが、
その中でも特に高い効果を持つとされている成分が5つあります。

それがこの「L-システイン」「リコピン」「アスタキサンチン」
「エラグ酸」「ビタミンC」になります。

この5種類の成分がそれぞれ別の働きをしてくれるので、
これらが多く含まれている食品を摂取するように気を付けたいですね。

・L-システイン

L-システインは大豆やはちみつなどに多く含まれる成分で
最近では美白サプリメントでも使われています。

肌の代謝を正常化する作用があるので、皮膚に沈着したメラニンを
排出してくれますし、メラニンの生成を抑制する効果もあります。

・リコピン

これはトマトの成分として有名ですよね。
ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つと言われているリコピンですが、
リコピンには紫外線によって受けた肌ダメージを修復する働きがあります。

生だけではなくてトマトジュースやトマトソースなど加工されたものにも
入っていますし、その効果はさらに活性化されているそうです。
これなら生トマトは嫌いな方でも食べられそうですね。

・アスタキサンチン

アスタキサンチンは天然色素。
これには強い抗酸化作用があることで有名です。

メラニン抑制作用があって、肌ダメージの修復効果もありますし、
活性酵素を除去して若々しい肌を作ってくれるアンチエイジング効果も期待できます。

鮭や鯛、エビ、カニ、いくらなどに多く含まれているので、
美白の為には定期的に摂取したい成分です。

・エラグ酸

エラグ酸はザクロなどのベリー系の果物に含まれるポリフェノール。
強い抗酸化作用があるので、細胞の老化を抑制してくれますし、
美白化粧品などにも利用されています。

・ビタミンC

ビタミンCも有名な成分ですが、強い抗酸化作用があります。
メラニンの生成を抑制する効果もありますし、
美白だけではなく美肌維持にも欠かせません。

レモンはもちろんですが、ブロッコリーやパセリ、ジャガイモにも
多く含まれるとされています。

これらの成分をバランスよく食事に入れるだけで、
毎日身体の中から美白ケアが可能です。
化粧品でのケアだけではなくて、食事にも気を付けてみるといいかもしれません。

美白対策について、さらに詳しい情報はこちらを参考にしてください。
参考サイト:美白対策

http://www.bihaku-navi.com/

Written by admin1A

6月 21st, 2013 at 5:45 pm

Posted in

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.